病棟・外来・オペ室・透析・訪問・緩和ケアに携わる看護師の一日

看護師によるお仕事の違いを「一日の流れ」で見てみよう!

病棟看護師Aさんの場合

Aさんは、急性期病棟における病棟看護師として日々活躍中!白衣の天使として、笑顔を絶やすことなく患者様のケアに専念しています。受け入れ患者数が多くバタバタしてしまうときもありますが、病棟での活躍を希望していたAさんにとっては最もやりがいを実感できる部署です。それでは病棟でイキイキと働いているAさんの一日を覗いてみることにしましょう。

外来看護師Bさんの場合

外来看護師Bさんは、多くの診療科目を有する大規模な病院に勤務しています。どの部署よりも多くの患者様を相手にする外来の仕事は、まさに時間との勝負!どんなに忙しい時にも、てきぱきと業務をこなしていくBさんの姿は看護師の鏡です。具体的にどうやって円滑に仕事を進めているのか、Bさんの活躍ぶりを見てみましょう。

手術室看護師Cさんの場合

手術室の看護師、いわゆる「オペ看」として活躍を始めてちょうど1年がたったCさん。だいぶ仕事にも慣れ、立ち振る舞いも板についてきました。病棟や外来で勤務している看護師さんとは異なり、直に活躍する姿を見る機会が少ないオペ看の一日って、具体的にイメージが沸いてきにくいですよね?オペ看の仕事をより具体的に知るために、Cさんの日常をちょっと教えてもらうことにしましょう。

透析室看護師Dさんの場合

腎臓内科クリニックに勤務しているDさんが活躍している部署は透析室。一般の看護業務と異なる点も多く、最初は戸惑うこともあったようですが、先輩ナースやスタッフのフォローを受け、今では自信を持って透析看護に専念しています。ところで、透析室で働くナースの一日って、どんな流れなのでしょうね?早速、Dさんの様子から業務内容を確認してみるとしましょう。思わず、専門スキルを身につけたくなる内容です。

訪問看護師Eさんの場合

活躍の場所は病院だけとは限りません。看護・介護を必要とされる方の家を一件一件訪れ、健康状態のチェックなどを行う訪問看護も看護師の代表的な仕事の一つです。訪問看護に長く携わっているEさんの一日は、次のページで紹介している通り。病院でないからこそできることってあるんだな、と改めて気づかされます。ご家庭のある方によく選ばれている仕事なので、ママさんは特に要チェックです。

緩和ケア看護師Fさんの場合

がんなどの苦痛を伴う病気と闘う患者様の痛みを和らげる緩和ケアに携わっているFさん。患者様との悲しい別れをたくさん経験することになる仕事と言える緩和ケアのどんなところにFさんはやりがいを感じているのでしょう?Fさんの一日の仕事に触れながら答えを探っていきましょう。看護師としての大切な何かが見えてくるかも!?

人気の記事

ページTOPへ