手術室で活躍したい方へ、オペ看の一日を分かりやすく紹介

手術室看護師Cさんの場合

手術室の環境整備、患者様への挨拶

オペ看護師になって一年が経ちました。まだまだ一人前とは言えませんが、手術室独特の雰囲気にもだいぶ慣れてきたところです。そんな私の一日の流れをお話しますね♪まず、一番最初に行われるのは申し送り。手術に携わるスタッフ全員でその日のスケジュールや注意事項を確認します。申し送りが終わったら、手術室の環境整備へ。部屋の温度調節や医療機器の設置、医療器具やガーゼの枚数の確認などを行います。手術準備の他、患者様への挨拶も欠かせません。前日にも挨拶に伺いますが、当日もできる限り患者様とお会いするようにしています。手術直前には、手をしっかりと洗浄・消毒しガウンに着替え、患者様が搬送されてくるのを待ちます。病棟看護師が患者様を搬送してきたら、いよいよ手術スタートです。

器械出し

手術室の看護師が行う仕事は大きく分けて2つ。器械出しと外回りです。私の病院では、外回りは手術の流れを把握しているベテラン看護師が行っていて、私はもう一つの器械出しを担当しています。医師の指示により、メス・剪刀・持針器などを医師に手渡していくのですが、慣れるまでは機器の種類を覚えるだけでも一苦労。渡すタイミングを逃して注意されることもよくありました。こればかりは経験がものを言うので、数をこなしていく他に上達への道はありません。手術途中に医療器具が不足しそうな場合は、外回りの看護師さんに補充のお願いをします。これまた新人の頃は確認がおろそかになり冷や汗をかいてましたが、外回りの看護師さんが機転を利かして補充してくれたので助かっていました。私も将来外回りにつけるようになったら器械出しの新人さんをフォローできるような看護師になりたいです。手術終了後には、機器やガーゼの数が手術前と変わらないか確認し、部屋を片付けて一件目の手術が終了です。

手術が終わったら病棟看護師に状況を伝える

手術を終えられた患者様を病棟看護師が迎えにくるので、引き渡しを行います。引継ぎとして手術の経過や、血圧や脈拍、意識といったバイタルサインを報告。また麻酔医からの指示があれば、その内容もきちんと伝えます。これでオペ看としての役割は一旦終了です。一日に複数の手術が予定されている場合には次の準備をし、手術が無いのであれば翌日担当する患者様の元へ挨拶に出向きます。

人気の記事

ページTOPへ