病院・クリニック・介護施設、職場が変わるだけで看護業務はここまで違う!

勤務先によって仕事に違いはあるの?

【病院】外来・病棟・オペ室など希望の場所で活躍

病院と一言で言っても、診療科目(内科・外科・整形外科・小児科・産婦人科・皮膚科・泌尿器科・眼科など)が違うだけで、看護業務は異なってきますし、部署(外来・病棟・オペ室など)での違いも見られます。「働きたい診療科目はもう決めている」という方も多いと思うので、ここでは部署の特徴についてご紹介しましょう。
【外来】
入院加療を必要とするほど重症な方から軽い不調で受診されるような方まで、あらゆる方が訪れます。他の部署と比べても、外来ほど多くの患者様と触れ合える場所はありません。「看護師になって一人でも多くの人の苦しみを軽減したい」という方にピッタリのフィールドです。
【病棟】
入院されている方のケアを行います。急性期病棟では、治療や症状に応じた多くの看護経験を積む機会がありますし、療養病棟ではゆったりとした気持ちで看護に専念することができます。「一人一人の患者様の回復をそばで見守りたい」という思いで看護師となった方に、理想的な活躍場所です。
【オペ室】
「オペ看」という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?手術に際しての、器械出しや外回り業務を行うのが主な仕事です。「看護師のスキルを最大限に生かし、患者さんを救いたい!」とい方がやりがいをもって活躍しています。
【病院はこんな看護師さんにオススメ】
・さまざまな診療科目のあるところで活躍したい方
・たくさんの経験を積みたい方
・夜勤のあるところでしっかり稼ぎたい方 など

【クリニック】専門性が身につく。色んな業務に携わる機会も多い

クリニックは病院と並び、看護師が多く活躍する場所です。病院との違いは病床数にあり19床以下だとクリニック、20床以上だと病院と定められています。クリニックは単一科目での診療を行っている場合が多く、特定の科目における専門性を伸ばしたい方に最適です。クリニックで活躍する看護師の多くが外来にも病棟にも対応できるスキルを身につけています。もし、外来・病棟、どちらが自分に合っているか分からないというお悩みを抱えているのであれば、有床クリニックで活躍してみてもいいかもしれませんね♪もし、外来一本で活躍したい気持ちが強いのであれば入院設備のないクリニックが良いでしょう。また、地域に根付いた医療を展開しているのもクリニックならでは。地元貢献したい気持ちが強い方にも最適です。
【クリニックはこんな看護師さんにオススメ】
・一つの診療科に特化したスキルを身につけたい方
・地域の人に近いところで活躍したい方
・アットホームな職場をお探しの方
・夜勤のない職場をお探しの方(無床クリニックの場合)

【介護施設】気持ちの通じ合った看護を希望するなら介護施設が◎

老人ホームや通所サービスセンター、訪問看護も看護師の就職先として注目されています。ますます深刻化していく高齢化社会を支える一員として看護スキルを活かしたい方にピッタリの分野です。求められる看護スキルは病院やクリニックほど高度ではなく、看護師としての経験が浅い方やブランク明けの方も無理なく働ける職場と言えます。デイサービス施設では日勤のみで活躍できるため、主婦の方の活躍が目立ちます。
【介護施設はこんな看護師にオススメ】
・高齢者看護に興味のある方
・気持ちの通じ合った看護をしたい方
・無理のない勤務を希望する方

人気の記事

ページTOPへ